某鉄鋼製造・販売メーカー様

製造業向け業務管理システム

業種|製造・販売開発期間|-
業務効率化 コスト削減 営業支援

お客様の課題

各種生産設備、プラント装置製造などの総合鉄工業のお客様で書類管理に効率課題がありました。

製造過程には、営業部署から製造部署への契約・製造指示書から始まり、製造部では材料手配、実行予算など様々な書類が作成・稟議・管理がされており、煩雑な処理となっていました。

また経理部署への発注処理も紙での申請を再度データ入力を行い注文書を発行していました。
お客様の課題

ご提案内容

ご提案内容
システム検討にあたり、ペーパーレスを基本とし契約情報など共有が必要なデータはデータ及びPDFでも管理が行える提案を心がけた。

具体的には、部署間のデータは回覧(ワークフロー)で稟議条件や承認によりペーパレス管理され紙出力が必要なデータはPDF又はEXCELでの出力を可能とし、ISOのトレーサビリティにも対応。

製造部署では実行予算管理機能で完工高報告や業者への出来高払いも対応。また業者査定やISOでの定期的な調査依頼もシステムから行うことが可能に設計。

注文依頼から管理部署での注文書発行もペーパーレスで業務効率化を実現。

システム概要

営業部署:営業見込、契約情報、製造依頼

製造部署:契約情報、見積依頼、外注・購入仕様書、注文依頼、各ワークフロー、書類管理、タスク管理

経理部署:注文書発行

品質管理部署:製造・施工工程でのトレーサビリティ管理

顧客管理:顧客管理、パートナー管理(査定・資格情報)

予算管理:実行予算、実績入力、出来高支払管理

分析資料:期間集計、顧客別集計、工事分野別集計、注文書集計
システム概要

導入効果

導入効果
基本紙で回覧・稟議されていた書類がペーパレス化され煩雑だった処理が効率的に行えるようになった。

入力データは次部署で加筆されていくので、データの共有化と利便性が実現できた。

他拠点や他部署との情報共有も容易になり、報告・説明が効率化された。

売上(仕掛)分析で会議の為に資料を作成する必要が無くなりました。

開発のご相談は・・・



ページ上部へ戻る