システム開発
ITシステムで
お客様の業務改善・改革のお手伝い

年々進化するテクノロジーにより、業種を問わず
市場環境に大きな変化が訪れています。
そのような状況の中、ビジネスを支えるITシステムにもスピードと対応性が強く求められてきています。

シフトでは
「使いやすさ(Usability)」
「分かりやすさ(Simple)」
「拡張性(Scalability)」

を開発ポリシーとして、
ITシステムでお客様の業務改善・改革のお手伝い致します。

当社の開発ポリシー

使いやすさ/Usability
操作性の良いシステムはお客様の業務改善には最も重要です。
お客様の業務フローやPC操作スキルを考慮した操作性の⾼い画⾯設計によるシステムで
お客様の業務効率化を実現しています。
弊社パッケージでお客様からの要望・改善を重ねたシステムからのノウハウを
フィードバックしています。
分かりやすさ/Simple
システム設計はお客様とのヒヤリングから始まります。
業務フローの理解と要件定義を⾏いますが、システムでの⾻格設計が
私共は重要と考えています。
将来のシステム要望もイメージしながらシステム設計を⾏っています。
拡張性/Scalability
業務改善は改善を繰り返す事で⾒えてくる事も多くあります。
ITシステムもプロセスの中で改善を繰り返す事で、最適かつ効率化の⾼い
システムになっていきます。
シフトでは、必要な部分からシステム化(業務改善)を⾏っていく事をお勧めしています。
その為、繰り返し改善に最適なアジャイル開発・DevOpsという開発⼿法で⾏っています。

当社の開発の流れ

当社の開発の流れは、従来の設計を固めて作っていく仕様書モデルではなく、お客様の⼤体の概要を確認し試作版の
イメージ画⾯を作成していくアジャイル(Agile)開発を採⽤しております。
お客様とのコミュニケーションを取りながらフィードバックを行い確認作業を⾏いますので、
お客様のご希望に沿った開発が可能となります。
仕様書モデル(従来の開発モデル)
アジャイルモデル(当社の開発モデル)
ウォーターフォールモデルと呼ばれ、各⼯程を確定させて
からでないと次⼯程に進まないため、管理や理解のしやすさが
あります。
但し、⼀度決定した設計の後戻りは難しくなります。
出来上がりの画⾯や操作イメージは掴みにくいところも
ありますが、⼤中規模開発に向いています。
管理が厳密なため、時間とコストも掛かる傾向にあります。
アジャイル開発やRAD(ラピッド・アプリケーション
・ディベロップメント)、DevOpsなどの開発⼿法を⽤いることで、
開発スピードの短縮が可能です。
中⼩企業の開発に向いており、プロトタイプにより出来上がり
イメージも分かり易いため、フィードバックしやすいだけでなく、
将来的な拡張部分を据えやすくなります。
従来の開発における納品マニュアルやドキュメントを重視される
場合には、物⾜りたなさを感じるかもしれませんが、システムの
継続的な改善、拡張を望まれる場合にはフィットします。

お電話でのお問い合わせは0985-20-4210まで!! メールでのお問い合わせはこちらから!
ページ上部へ戻る