下水道縦断管理

地盤高・測点間の距離等から、管底高・掘削深・土被りを自動計算!

盤高・測点間の距離等から、管底高・掘削深・土被りを自動計算。実測値を入力することにより実測の縦断図を出力。同一画面で複数のグループ入力。
実測値を入力すると差の値を自動計算。実測値を入力したら出来形管理システムに出力が可能!出来形管理図表が自動で作成可能!!

下水道縦断管理システム 3つのポイント

1.自動計算が可能!

地盤高・測点間の距離等から、管底高・掘削深・土被りを自動計算できます。また、地盤高・基礎砂・管底高から掘削深・土被りを自動計算も可能!さらに実測までで入力すれば縦断図の出来上がり!
自動計算

2. 設計と実測の縦断図の別表示が可能!

縦断計画情報の縦断図と、実際に測ってきた値の縦断図には違いがあります。上出来の下水道縦断管理システムは、計画データの縦断図と、実測値の縦断図を別々に表示をすることが出来ます。
また、見比べたい場合は、実測値の縦断図に、計画縦断図を重ねて表示することも可能!縦断図の設定内容も豊富で、細かいところまで表示の設定が可能になります。

3.設計値と実測値を出来形管理に出力。出来形管理図表を自動作成!

縦断の設計入力、実測入力が終わったら、出来形管理システムに出力をしてみましょう。
設計値と実測値が再利用でき、自動的に出来形管理図表等の書類が作成され、業務効率化を図ることが可能になります。(出来形管理システムは別途ご購入が必要になります。)