• 採用情報
  • お問い合せ
  • サイトマップ
サービス案内
各種製図基準に準拠した図面の作成と様々な形式のCADファイルをSXF変換

「CADは難しいもの」と言う常識を変える簡単な操作性。
もちろんSXFフォーマットに完全対応。
シリーズ各システムで作成した図面データを電子納品用に簡単変換。
もちろん様々なCADファイル形式に対応していますので、
簡単・安心・多機能が魅力のBEST-CADです。

各種製図基準対応

図面ファイルの読み込みは、SXF(P21/SFC)・DWG・DXF・JWC・JWWに対応。
DWG・DXFの読み込みでは、Model/レイアウトの選択が可能。
縮尺をヘッダー情報から取得することも可能です。

SXFファイルの構造チェックとCAD製図基準のチェックが同時に可能。
CAD製図基準チェックでは製図基準に準拠した状態へ自動的に変換が可能です。
又、エラー内容を朱書きで図面へ出力可能です。

OLEファイルの図化

オブジェクト挿入やコピーペーストでBEST-CAD上に貼り付けたエクセル・ワードなど
のOLEオブジェクトを、BEST-CADで、作図データとして利用できるオブジェクトに変換。
この機能により表等を、SXF形式に保存可能になります。
便利なレイヤ振り分け機能

基準案レイヤに従っていない図面もコマンド・色・線種・線幅等、
条件を設定し基準案準拠のレイヤへ振り分けが可能。
又、振り分けのパターンを履歴化し学習する事で、使い込む程に作業の手間が減っていきます。

座標変換機能

測地座標を持たない図面にも簡単に座標を設定可能。基準となるポイントを2点指定し、
座標数値を入力するだけです。変換後は、実際の座標情報を元に作図が可能になります。

パラメトリック

予め用意された構造物図形の値を変更し、寸法線に実際の数値を表示させることも可能です。
図形の計算式も出力出来ます。構造物を「数量計算システム」で新規作成し、ライブラリに
登録をすることで部品としての利用が可能です。
ラスベク変換

ラスターファイルを読み込み、簡単な設定を行うだけで、ラスベク変換を行えます。

画像出力

外部出力コマンドを選択し、出力したい範囲を選択。簡単に他アプリケーションで利用が可能です。



道路工事完成図等作成要領/道路基盤地図情報交換属性セット(案)対応!!

道路工事完成図のうち、完成平面図の属性項目を容易に設定し、また完成平面図及び完成縦断図が
「道路工事完成図等作成要領」の仕様に沿って作成されているかどうかをチェックする為の機能です。
地物(点・線・面データ)をクリックする事により、自動的に利用できる属性メニューが絞り込まれます。
属性をセットすると、自動的にレイヤの振り分け・レイヤ属性を設定します。 設置日はカレンダーを利用して
簡単に入力が可能です。

※BEST-CAD、道路工事完成図オプションのご購入が必要です。




弊社サービスに関するご質問・お問い合せ

製品やサービス・営業に関するご質問、ご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合せ
0985-20-4210 営業時間9:00~18:00 (土日祝日を除く)
HPからのお問い合せ
お問合せフォームはこちら